English

空室情報

宿泊プランのご予約

日帰りプランのご予約

ご宿泊日

日〜   

人数(部屋割り)

室  
大人: 名様




日にち検索

ホームページ予約特典

映像で見る下田大和館

下田観光ムービー

下田大和館公式フェイスブック

メールマガジン会員募集 下田富士

世界遺産に認定された「富士山」と「下田富士」の物語。

近隣の病院案内
青山やまと
湯量豊富な伊東温泉の丘の上、静かに佇む源泉かけ流しの宿。上質のおもてなしと親しみのあるサービスで、ワンランク上の寛ぎを。

青山やまと

伊豆半島ジオパーク 伊豆観光圏 駿河フェリー

伊豆88遍路

じゃらん

富士山と下田温泉の富士山のお話

下田の昔話

世界遺産に認定された日本のシンボル「富士山」と下田温泉にある下田富士の物語を紹介します。

【富士山がだんだん高くなった話】

  • 駿河の富士山と下田の富士は姉妹でした。
    下田富士が姉さんで、駿河の富士山は妹です。

    とても仲良しで、小さい時からかばいあって来ました。
    姉さんの下田富士は、いろいろと妹の面倒を見て、雨が降ればからかさ雲をかけてやり、風が吹けば長い雲の手をのばして覆ってやりました。

    やがて年が経つにつれ、駿河の富士山は段々と美しくなりました。
    長い裾を麓一杯に広げ、朝日夕日に輝き、頬は紅色に染まり、その艶やかさは誰も適いません。

    それにひきかえ姉の下田富士の方は、丸く膨れたボタモチのような顔で、とても美人ではありませんでした。妹の駿河富士に比べて自分が美人ではないことに気がついた下田富士は、むすめ心にそれがたまらない悲しみになって、段々妹と顔を会わせなくなりました。

    そして、とうとう伊豆と駿河の間に大きな屏風をたてて、妹がのぞいても見えないようにしてしまいました。その屏風が天城山です。

    妹は悲しそうに、「お姉様、伊豆のお姉様、お顔を見せてください」と叫びながら、つまさきで立って背のびをしました。

    でも下田富士は妹の顔を見ながら、ますます体を縮めて顔を見せません。
    妹はますます背のびをするし、姉は体を縮こめました。

    そのため下田富士はますます背が低くなり、逆に駿河の富士山はどんどん背が高くなり、とうとう日本一の高さの山になったのです。

    ※富士市発行「ふるさとの昔話」より

  • 富士山世界遺産に認定された駿河の「富士山」

    下田富士下田市民に愛されている「下田富士」

公式サイト限定お得な宿泊プラン

下田大和館公式サイト限定のお得な宿泊プランを多数ご用意しております。

  • 宿泊プラン一覧へ

下田大和館公式サイトからのご予約ならベストプライスでご提供いたします。

  • ご予約・空室はこちら

お電話でのお問い合わせ・ご予約 0558-22-1000(8:00?20:00)


各社クレジットカードオンラインでのカード事前決済はチェックアウト日が本日から60日以内となります。